気ままに・・・

nevermind.exblog.jp
ブログトップ

父との二泊三日台湾旅行・・・その3

・・・つづき

お風呂から出たら「忠孝復興駅」まで行って、福華大飯店B1階の奇古堂へパイナップルケーキを買いに!
22時まで営業しているのでっと余裕でいたらすでに20時くらいにはなっていました。
お茶を飲む時間はあるかと聞かれ、ありますよ~と答えると、
丁寧にお茶をいれて頂き、蘊蓄を聞き、お茶をお薦めされて、いくつか購入…一度に使うのは少量で良いとは言え高級茶です。
こちらのご主人は昭和7年生まれ。日本語ペラペラで・・・聞けば終戦の時はもう中学生だったとか(お笑い芸人ではないよw)
まぁそれでも何十年も話していないのなら使えなくなっている人もいるでしょうけど、日本でも7年間くらいお茶を教えられていたそうです。
今でも年に一度は日本でお茶会をされているとか…いろいろ教えていただけます。
念願のパイナップルケーキも冷凍保存出来るそうです。
ご主人も解凍しては切り、また冷凍して…と少しずつ食べるとおっしゃっていました(良いこと聞いた!)
私は人の言うことを鵜呑みにしないで何でも疑ってかかる性格(へそ曲がり)。
ご主人の言うこと(お茶の蘊蓄等)も納得できることと、イマイチしっくり自分に入ってこないことがありましたがTOTALでは満足でした。
店内の写真も伺ったら気分良く撮らしてもらえました。このテーブルでお茶をいれてくれます。
b0025362_16215747.jpg

茶器もご主人がデザインして特別に作らせているそうです。普通のものより小さいです。

外に出て、駅まで向かうと父が脚が痛いと…
そうなんです。家を出てくるときから前日に膝が痛くなり医者に行くほどひどかったと…
それなのにゆっくりとは言え、迷いに迷って散々歩かせてしまったから。
めちゃめちゃ反省です…

もう一歩も歩けないと言う感じだったので相当我慢させていたのでしょうか…いつもケチケチの私には痛い出費…いやいや、そんなこと言っている場合ではないのでタクシーでホテルへ戻ります。
カエルちゃんが「台湾のタクシーはメーターをちゃんと使ってくれて、安全」と言う情報を得ていたので安心していたようですが、
私はそんな事は露知らず、外国でタクシーと言うとボラレるのでは??ととっても不安でした。
でも、本当に良心的で、日本とは比べ物にならないくらいに安いので、こんなことなら最初からタクシー活用しておくんだった~と激しく後悔。
父は「晩御飯ももういらないから二人で食べに行けば?」と言ってくれたのですが、あまりに忍びないので父にはホテル近くの屋台で肉粽と魚丸を購入し、コンビニで缶ビールを購入してお持ち帰り。
b0025362_1636209.jpg
b0025362_16373163.jpg

(因みにこのビールは二晩3人で飲んだものです。父はもうあまり飲みませんので・・・)

親不孝な??私たちは父を残して士林夜市へ向かいました。
お腹ぺこぺこなのに食べ物の屋台が見つからず、どうも美食広場を見過ごして衣料品屋さんが並んだ路地へ入ってきたようでした。
そこから細い道を抜けたら念願の食べ物屋台の一角がありました!!

・・・つづく
[PR]
by annie_tj | 2010-12-03 12:26 | 遊ぶ&旅行